1日午後の東京市場でドル・円は下げ渋り、136円50銭まで下落後は136円80銭台にやや値を戻した。パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長のハト派的な見解を受けたドル売りは一服し、主要通貨は対ドルで伸び悩む。クロス円はドル・円に追随する。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は136円50銭から138円12銭、ユーロ・円は142円43銭から143円76銭、ユーロ・ドルは1.0402ドルから1.0448ドル。