欧州市場でドル・円はもみ合い、136円前半を中心とした値動きで方向感は乏しい。米10年債利回りの動意は薄く、ドルへの積極的な売り買いは手控えられている。一方、欧州株式市場は堅調だが、米株式先物は軟調となり、リスク回避の円買いは根強い。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は136円20銭から136円66銭、ユーロ・円は141円97銭から142円53銭、ユーロ・ドルは1.0397ドルから1.0446ドル。