5日の東京市場でドル・円は切り返し。午前中はショートカバーでいったん上昇後、買い一巡後は134円13銭まで値を下げた。ただ、コロナまん延の中国で大都市の規制緩和が進み、中国株高を手がかりにリスク選好的な円売りが優勢となり135円24銭まで上昇した。



・ユーロ・円は141円38銭から142円67銭まで上昇。

・ユーロ・ドルは1.0584ドルから1.0530ドルまで値を下げた。



・17時時点:ドル・円134円90-00銭、ユーロ・円142円20-30銭

・日経平均株価:始値27,752.99円、高値27,854.11円、安値27,700.86円、終値27,820.40円(前日比42.50円高)



【経済指標】

・中・11月財新サービス業PMI:46.7(予想:48.0、10月:48.4)



【要人発言】

・ビルロワドガロー仏中銀総裁

「15日開催の理事会で、政策金利を0.50%引き上げるべき」

「2024-25年ごろのインフレ撲滅を予想」