6日午前の東京市場でドル・円は136円50銭付近と、底堅い値動きが続く。日経平均株価はプラスを維持し、日本株高を好感した円売りに振れやすい。一方、時間外取引の米株式先物は堅調地合いとなり、今晩の米株高への期待感も円売りを支援している。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は136円29銭から136円84銭、ユーロ・円は143円24銭から143円59銭、ユーロ・ドルは1.0490ドルから1.0514ドル。