6日午前の東京市場でドル・円は136円50銭台と、底堅い値動きが続く。全般的に手がかりが乏しく、方向感は乏しい。米10年債利回りの上げ渋りで、積極的なドル買いは入りづらいもよう。一方で、日経平均株価はプラスを維持し、円買いは後退した。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は136円29銭から136円84銭、ユーロ・円は143円24銭から143円61銭、ユーロ・ドルは1.0490ドルから1.0518ドル。