日経平均は84円高(14時45分現在)。日経平均寄与度では、ファーストリテ<9983>、東エレク<8035>、KDDI<9433>などがプラス寄与上位となっており、一方、ソフトバンクG<9984>、エムスリー<2413>、エーザイ<4523>などがマイナス寄与上位となっている。セクターでは、保険業、鉄鋼、その他製品、卸売業、銀行業が値上がり率上位、鉱業、精密機器、サービス業、陸運業、金属製品が値下がり率上位となっている。



日経平均は底堅いが方向感のない動きとなっている。今週末9日に11月米卸売物価指数(PPI)の発表、来週に米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、市場ではこれらのイベントへの警戒感もあり、積極的な売買は手控えられ、やや様子見ムードが広がっているようだ。今晩は10月の米貿易収支が発表される。