6日午後の東京市場でドル・円は底堅く推移し、137円台に再浮上した。米10年債利回りは緩やかに上昇し、ドル買いが入りやすい。一方、日経平均株価や上海総合指数などアジアの主要指数はプラスで推移し、株高を好感した円売りが観測される。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は136円29銭から137円17銭、ユーロ・円は143円24銭から143円94銭、ユーロ・ドルは1.0481ドルから1.0518ドル。