6日のロンドン外為市場のドル・円は、137円00銭から136円54銭まで下落している。米10年債利回りが3.59%台から3.56%台に低下しており、ドル売りが優勢になっている。



 ユーロ・ドルは、1.0482ドルから一時1.0509ドルまで上昇。ユーロ・円は、143円77銭から143円27銭まで下落している。



 ポンド・ドルは、1.2223ドルまで上昇後、1.2172ドルへ下落。英・11月建設業PMIの悪化によるポンド売りもみられる。ドル・スイスフランは、0.9421フランから0.9443フランでもみ合っている。