欧州中央銀行(ECB)の専務理事兼首席エコノミストのフィリップ・レーン氏
は、インフレがピーク達成に近いとしたものの、まだ不透明感が強いと加えた。さらにおそらく追加利上げが必要になるとした。



ユーロは追加利上げを織り込む買いが優勢となり、ユーロ・ドルは欧州市場で一時1.0533ドルまで上昇後、1.0500ドルへ反落。ユーロ・円は143円20銭から143円60銭のレンジ内でもみ合い。ユーロ・ポンドは0.8605ポンドから0.865ポンドまで上昇した。