7日午後の東京市場でドル・円は137円20銭台と、もみ合いの展開が続く。日経平均株価や上海総合指数などアジアの主要指数は軟調地合いとなり、安全通貨のドルと円が選好される。ドル・円は円買いに押される半面、ドル買いにサポートされているようだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は136円79銭から137円36銭、ユーロ・円は143円18銭から143円63銭、ユーロ・ドルは1.0455ドルから1.0476ドル。