7日午後の東京市場でドル・円は137円20銭台と、動意の薄い値動き。米10年債利回りの持ち直しを受けドルは売りづらく、主要通貨は対ドルでやや値を下げている。一方、日経平均株価は軟調地合いだが、上海総合指数はプラスに転じ、円買いを弱めた。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は136円79銭から137円36銭、ユーロ・円は143円18銭から143円63銭、ユーロ・ドルは1.0455ドルから1.0476ドル。