7日のニューヨーク外為市場でドル・円は、137円40銭から136円22銭まで下落し引けた。

米7-9月期単位労働コストの伸びが予想以上に鈍化したほか、米景気後退懸念に米国債相場が上昇。長期金利低下に伴うドル売りに拍車がかかった。








ユーロ・ドルは、1.0550ドルまで上昇後、1.0488ドルまで反落し引けた。




ユーロ・円は144円58銭から143円17銭まで下落。



ポンド・ドルは、1.2171ドルへ軟化後、1.2235ドルまで上昇した。



ドル・スイスは、0.9364フランへ下落後、0.9410フランまで上昇した。



 
[経済指標]

・米・7-9月期非農業部門労働生産性改定値:前期比年率+0.8%(予想:+0.6%、速
報値:+0.3%)
・米・7-9月期単位労働コスト改定値:前期比年率+2.4%(予想:+3.1%、速報値:+3.5%)