NY外為市場では日本の金利上昇に伴い円が高値を探る展開が続いた。日銀は17日、18日に金融政策決定会合を開催する。市場は日銀がイールドカーブコントロール(YCC)を撤廃するなど、2016年から実施している大規模緩和修正の思惑に日本の10年債利回りは7年ぶり高水準の0.545%と日銀上限超えとなった。



ユーロ・円は138円01銭まで下落し4日来の安値を更新。ポンド円は155円65銭まで下落し、3日来の安値を更新した。ドル・円は127円80銭と、127円台での推移が続いた。