欧州市場でドル・円は安値もみ合いとなり、136円20銭台で推移する。米10年債利回りは4%付近に低下し、ドル買いはさらに後退。一方、ユーロ圏の生産者物価指数(PPI)は予想を下回ったが、欧州中銀(ECB)当局者のタカ派姿勢でユーロは下げ渋った。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は136円11銭から136円45銭、ユーロ・円は144円41銭から144円92銭、ユーロ・ドルは1.0600ドルから1.0629ドル。