24日の東京市場でドル・円は軟調。朝方はドル買いが先行し130円94銭まで値を上げる場面もあったが、仲値にかけてドル売り優勢の展開に振れた。午後は米10年債利回りと米2年債利回りの低下でさらにドル売りが強まり、130円05銭まで弱含んだ。



・ユーロ・円は141円85銭から140円90銭まで下落。

・ユーロ・ドルは1.0839ドルから1.0818ドルまで値を下げた。



・17時時点:ドル・円130円20-30銭、ユーロ・円141円00-10銭

・日経平均株価:始値27,368.62円、高値27,397.29円、安値27,257.44円、終値27,385.25円(前日比34.36円安)



【要人発言】

・鈴木財務相

「今年度予算の予備費使用で一刻も早く追加物価対策の支援を行うことが適切」



【経済指標】

・日・2月全国消費者物価指数(生鮮食品除く):前年比+3.1%(予想:+3.1%、1月:+4.2%)

・英・2月小売売上高(自動車燃料含む):+1.2%(前月比予想:+0.2%、1月:+0.9%←+0.5%)