17日午後の東京市場でドル・円は136円80銭付近と、高値圏でのもみ合い。米長期金利の先高観でややドル買いに振れ、主要通貨は対ドルで下押しされやすい。ユーロ・ドルは下げ渋っていたが、再びドル買いに押され、1.0850ドル台に失速した。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は136円30銭から136円86銭、ユーロ・円は148円07銭から148円59銭、ユーロ・ドルは1.0850ドルから1.0873ドル。