28日午後の東京市場でドル・円は底堅く推移し、146円49銭付近に値を戻した。米10年債利回りの低下は一服し、ドルは買い戻されている。ポンドや豪ドルなど主要通貨は対ドルで弱含み、対円でも下落。ただ、ユーロはドルと円に対してやや値を上げた。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は146円27銭から146円61銭、ユーロ・円は158円09銭から158円38銭、ユーロ・ドルは1.0793ドルから1.0819ドル。