19日のロンドン外為市場でドル・円は、147円62銭から147円72銭まで上昇している。米連邦公開市場委員会(FOMC)が今日から始まるため、警戒感から金利が上昇気味で、ドル買いが対欧州通貨を中心に優勢になっている。



 ユーロ・ドルは、1.0694ドルから1.0682ドルまで下落。ユーロ・円は、157円77銭から157円92銭でもみ合っている。



 ポンド・ドルは、1.2390ドルから1.2371ドルまで下落。ドル・スイスフランは、0.8949フランから0.8970フランまで上昇している。