31日午前の東京市場でドル・円は149円40銭台で推移。日本銀行による長短金利操作の再修正観測が広がり、前日の欧米市場で149円を下回ったが、リスク回避の米ドル売りは一巡しており、ドルは149円05銭近辺で下げ止まっている。この後発表される日銀金融政策決定会合の結果判明を待つ状況となっている。ここまでの取引レンジはドル・円は149円03銭−149円50銭、ユーロ・ドル:1.0605ドル−1.0619ドル、ユーロ・円は158円12銭−158円59銭。