2日の東京市場でドル・円はドル・円は下げ渋り。米連邦準備制度理事会(FRB)の引き締め長期化期待の後退でドル売りが先行し、午前中に150円93銭から150円15銭まで下げた。ただ、米金利の下げ一服や日経平均株価の強含みで、午後は150円半ばに値を戻した。

・ユーロ・円は159円07銭から159円64銭まで上昇。

・ユーロ・ドルは1.0569ドルから1.0610ドルまで値を上げた。

・日経平均株価:始値31,987.02円、高値32,087.13円、安値31,878.36円、終値31,949.89円(前日比348.24円高)

・17時時点:ドル・円150円40-50銭、ユーロ・円159円40-50銭

【経済指標】

・日・10月マネタリーベース:前年比+9.0%(9月:+5.6%)

・豪・9月貿易収支(予想:+67.86億豪ドル、8月:+96.40億豪ドル)

・スイス・10月消費者物価指数:前年比+1.7%(予想:+1.7%、9月:+1.7%)

【要人発言】

・特になし