■NY株式:NYダウは34ドル高、利上げ終了期待が下支え



米国株式市場は小幅続伸。ダウ平均は34.54ドル高の34,095.86ドル、ナスダックは40.50ポイント高の13,518.78で取引を終了した。



連邦準備制度理事会(FRB)の利上げサイクル終了期待を受けた買いが続き寄り付き後、上昇。先週の大幅な金利低下の反動で長期金利が上昇したため一時売りに転じたが、ピーク金利観測は根強く終日底堅く推移した。さらに、米中首脳会談の開催を控え、イエレン財務長官と何中国副首相が今週会談を開催することが明らかになり中国との関係修復期待も下支え要因となり、小幅続伸で終了。セクター別では、テクノロジー・ハード・機器が上昇した一方で、不動産、エネルギーが下落した。



携帯端末のアップル(AAPL)はアナリストの投資判断引上げで上昇。著名投資家のバフェット氏が運営する保険のバークシャー・ハサウエイは四半期決算で保険事業が好調で強い内容となったが、手元資金の増加が失望され、売られた。電気自動車(EV)メーカーのテスラ(TSLA)はドイツ、ベルリン工場で低価格の新型EVを生産するとの報道を受け、利益減を警戒し下落。肉食品メーカーのタイソン・フーズ(TSN)は金属が混入した疑いで子供向けチキンナゲットのリコールを発表し、下落した。



衛星テレビ会社のディッシュ・ネットワーク(DISH)は四半期決算で予想外の赤字を計上したほか、カールソン最高経営責任者(CEO)が辞任する意向を表明し大幅安。また、女性優先のオンライン出会い系サイトのバンブル(BMBL)は創業者のウルフ氏が退任を発表し、下落した。



半導体メーカーのエヌエックスピー・セミコンダクタ―ズ(NXPI)は取引き終了後に第3四半期決算を発表。調整後の1株利益や売上が予想を上回ったため、時間外取引で買われている。



(Horiko Capital Management LLC)





■NY為替:米長期金利は再び上昇、ドル反発



6日のニューヨーク外為市場でドル・円は149円68銭から150円06銭まで上昇し、150円00銭で引けた。連邦準備制度理事会(FRB)の利上げサイクル終了観測に伴うドル売りが一段落。長期金利が上昇に転じ、ドル買いが再開した。



ユーロ・ドルは1.0750ドルから1.0717ドルまで下落し、1.0720ドルで引けた。ユーロ圏の低調なPMIを嫌気したユーロ売りが上値を抑制。ユーロ・円は、160円57銭から160円98銭まで上昇した。日欧金利差拡大観測に連れ円売り、ユーロ買いが優勢。ポンド・ドルは、1.2400ドルから1.2338ドルまで下落。ドル・スイスは、0.8967フランへ弱含んだのち、0.8994フランまで上昇した。





■NY原油:小幅高で80.82ドル、供給不安は解消されず



NY原油先物12月限は小幅高(NYMEX原油12月限終値:80.82 ↑0.31)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物12月限は、前営業日比+0.31ドルの80.82ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは80.66ドル-82.24ドル。アジア市場の序盤に80.66ドルまで売られたが、供給不安は十分解消されていないことから米国市場の中盤にかけて82.24ドルまで買われた。ただ、その後は長期金利の反発を意識して伸び悩み、通常取引終了後の時間外取引では81ドルを挟んだ水準で推移。





■主要米国企業の終値



銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)



バンクオブアメリカ(BAC)  28.33ドル   -0.09ドル(-0.31%)

モルガン・スタンレー(MS) 75.92ドル   -0.34ドル(-0.44%)

ゴールドマン・サックス(GS)323.91ドル  -3.71ドル(-1.13%)

インテル(INTC)        37.95ドル   -0.19ドル(-0.49%)

アップル(AAPL)        179.23ドル  +2.58ドル(+1.46%)

アルファベット(GOOG)    131.45ドル  +1.08ドル(+0.82%)

メタ(META)           315.80ドル  +1.20ドル(+0.38%)

キャタピラー(CAT)      238.28ドル  -2.47ドル(-1.02%)

アルコア(AA)         25.97ドル   -0.56ドル(-2.11%)

ウォルマート(WMT)      164.88ドル  +0.22ドル(+0.13%)