7日午前の東京市場でドル・円は小幅高となり、150円10銭台に浮上した。米10年債利回りの持ち直しでややドル買いに振れ、主要通貨は対ドルで失速。前週末のドル売りに押し上げられた豪ドルは弱含み、本日の豪準備銀行の政策決定が注目される。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は149円93銭から150円15銭、ユーロ・円は160円69銭から160円83銭、ユーロ・ドルは1.0707ドルから1.0722ドル。