8日午後の東京市場でドル・円は150円50銭付近と、ほぼ変わらずの値動き。米10年債利回り下げ渋りでドル売りは後退したが、戻りは鈍い。一方、前日海外市場でドル売りに押し上げられたユーロ・ドルはじり安となり、1.07ドルを割り込んで推移する。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は150円34銭から150円61銭、ユーロ・円は160円82銭から161円00銭、ユーロ・ドルは1.0686ドルから1.0699ドル。