8日午後の東京市場でドル・円は堅調地合いとなり、午前の高値を上抜け150円68銭まで値を切り上げた。米10年債利回りの上昇でドル買いに振れ、ユーロ・ドルは1.0683ドルまで値を下げた。一方、ユーロ・円は節目の161円付近で伸び悩んでいる。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は150円34銭から150円68銭、ユーロ・円は160円82銭から161円02銭、ユーロ・ドルは1.0683ドルから1.0699ドル。