米商務省が発表した9月卸売在庫改定値は前月比+0.2%と、伸びは予想外に速報値から上方修正された。売上高は前月比+2.2%と、昨年1月来で最大。



米国債相場は反発。金利が低下に転じドル買いも引き続き後退。ドル・円は150円90銭で高止まり。ユーロ・ドルは朝方パウエルFRB議長あいさつを控えたドル買いに一時1.0659ドルへ下落後、1.0691ドルまで反発した。

【経済指標】

・米・9月卸売在庫改定値:前月比+0.2%(予想:0.0%、速報値:0.0%)