■NY株式:NYダウは40ドル安、金利安でハイテクが支援



米国株式市場はまちまち。ダウ平均は40.33ドル安の34,112.27ドル、ナスダックは10.56ポイント高の13,650.41で取引を終了した。



金利先高観の後退や新年度に向けた買いに寄り付き後、上昇。ただ、連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が参加予定の国際通貨基金(IMF)会合での発言を警戒し、利食い売りに押され、下落に転じた。しかし、原油価格の下落が好感材料となったほか、長期金利低下でハイテクの売りが限定的となり、相場を支えた。終盤にかけ、ナスダックはプラス圏を回復もダウは下げを消せずまちまちで終了。セクター別では、商業・専門サービスやソフトウエア・サービスが上昇した一方で、エネルギーが下落した。



製薬会社のイーライリリー(LLY)は食品医薬品局(FDA)が同社開発の2型糖尿病治療薬「マンジャロ」を肥満症治療薬として承認したため、上昇。高級衣料ブランドのラルフローレン(RL)は四半期決算で調整後の1株利益が予想を上回り、買われた。オンラインゲーム開発のロブロックス(RBLX)は第3四半期決算で損失が予想外に改善、東欧や東アジアでの同社プラットフォーム上でのバーチャル通貨による売り上げ、ブッキングの伸びが予想を上回り、上昇。



イスラエルの製薬会社のテバファーマスーティカル・インダストリーズ(TEVA)は四半期決算において、イスラエル・ハマス戦争の影響を受けず、内容が予想を上回り、堅調推移。シリアルメーカー、ケラノバ(K)は分社化後の始めての決算において、売上が予想を下回ったが、値上げが奏功し1株利益が予想を上回り上昇。一方、地中海料理のファーストフードチェーン、カバ(CAVA)は決算が嫌気され、下落した。



エンタテインメントのディズニー(DIS)は取り引き終了後に決算を発表。動画配信サービス、ディズニープラスの契約者数の伸びが予想を上回り時間外取引で買われている。



(Horiko Capital Management LLC)





■NY為替:パウエルFRB議長の発言を控えてドルは底堅く推移



8日のニューヨーク外為市場でドル・円は150円73銭まで反落後、151円06銭まで上昇し、150円99銭で引けた。米9月卸売在庫改定値が予想以上の伸びとなったほか、連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が米国東部時間9日に予定している国際通貨基金(IMF)会議討論会でインフレ目標達成を再公約するとの見方にドルは底堅く推移。



ユーロ・ドルは1.0660ドルまで下落後、1.0716ドルまで上昇し、1.0709ドルで引けた。ユーロ・円は、160円90銭から161円73銭まで上昇。ポンド・ドルは、1.2251ドルから1.2302ドルまで上昇。ドル・スイスは、0.9011フランから0.8977フランまで下落した。





■NY原油:続落で75.33ドル、供給不安緩和で一時75ドル割れ



NY原油先物12月限は続落(NYMEX原油12月限終値:75.33 ↓2.04)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物12月限は、前営業日比−2.04ドルの75.33ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは74.91ドル-77.53ドル。アジア市場の序盤で77.53ドルまで戻したが、供給不安は緩和されており、上げ渋り。欧米市場では一段安となり、一時75ドルを下回った。通常取引終了後の時間外取引では75ドル台で推移。





■主要米国企業の終値



銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)



バンクオブアメリカ(BAC)  27.89ドル   -0.27ドル(-0.95%)

モルガン・スタンレー(MS) 75.97ドル   +0.46ドル(+0.60%)

ゴールドマン・サックス(GS)324.56ドル  +0.61ドル(+0.18%)

インテル(INTC)        37.92ドル   -0.85ドル(-2.19%)

アップル(AAPL)        182.89ドル  +1.07ドル(+0.58%)

アルファベット(GOOG)    133.26ドル  +0.86ドル(+0.64%)

メタ(META)           319.78ドル  +0.96ドル(+0.30%)

キャタピラー(CAT)      234.82ドル  -0.10ドル(-0.04%)

アルコア(AA)         25.53ドル   -0.01ドル(-0.03%)

ウォルマート(WMT)      164.30ドル  -1.35ドル(-0.81%)