昨日9日の米株式市場でNYダウは220.33ドル安の33891.94、ナスダック総合指数は128.96pt安の13521.45、シカゴ日経225先物は大阪日中比85円安の32515円。為替は1ドル=151.20-30円。今日の東京市場では、上半期営業利益が前年同期比4.6倍となった神戸鋼<5406>、同じく99.9%増となった五洋建設<1893>、同じく81.3%増となった日本通信<9424>、上半期営業利益が66.51億円と第1四半期の17.20億円から利益を伸ばした三井E&S<7003>、第3四半期累計の営業利益が67.52億円と上半期の9.86億円の赤字から黒字に転じたPD<4587>、第3四半期累計の営業利益が14.5%増と上半期の2.5%減から増益に転じたトレンド<4704>、23年12月期業績予想を上方修正したコカBJH<2579>、24年3月期業績予想を上方修正した芝浦<6590>、24年3月期業績と配当予想を上方修正したアマダ<6113>、発行済株式数の2.12%上限の自社株買いを発表した太平洋セメ<5233>などが物色されそうだ。一方、上半期税引前損益が9074億円の赤字となったソフトバンクG<9984>、上半期営業利益が60.0%減となったエン・ジャパン<4849>、同じく36.5%減となった宝HD<2531>、同じく36.4%減となった菱地所<8802>、同じく31.5%減となった日揮HD<1963>、同じく20.6%減となった平和<6412>、24年3月期業績予想を下方修正したワコールHD<3591>、古河電工<5801>、HUグループ<4544>、24年3月期利益予想を下方修正したニコン<7731>、オリンパス<7733>などは軟調な展開が想定される。