10日午前の東京市場でドル・円は小幅安となり、早朝に付けた151円37銭から151円まで値を下げた。パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の引き締め余地を示唆した発言で、ドル買いに振れやすい。ただ、為替介入への警戒感が相場を下押しした。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は151円22銭から151円37銭、ユーロ・円は161円35銭から161円47銭、ユーロ・ドルは1.0663ドルから1.0674ドル。

【要人発言】

・ロジャース・カナダ中銀上級副総裁

「金利高が予想される将来に対し、先を見越して調整しておくことの重要性を強調」

「まだ利下げについては協議していない」

「目標に向けた軌道に乗っていることを見極める必要がある」

・豪準備銀行・四半期金融政策報告

「インフレは予想したよりも弾力的」

「先の会合、金利据え置きも検討したが、引き上げがインフレ対応に必要と判断」

「来年6月までの1年間のCPIトリム平均は4%上昇を見込む」

「インフレが長期間高水準にとどまるリスクは増大」

「さらに引き締めが必要かどうかの判断はデータとリスクのバランス次第」

【経済指標】

・日・10月マネーストックM3:前年比+1.8%(9月:+1.8%)