10日午後の東京市場でドル・円は151円30銭台と、ほぼ変わらずの値動き。151円前半で下値は堅い半面、上値は重く、方向感は乏しい。日米金利差でドル高・円安に振れやすい半面、年初来高値や昨年の高値が意識され、151円台の売りが上値を抑える。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は151円22銭から151円37銭、ユーロ・円は161円35銭から161円47銭、ユーロ・ドルは1.0663ドルから1.0674ドル。