COMEX金12月限終値:1937.70 ↓32.10



10日のNY金先物12月限は下落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は、前営業日比−32.10ドル(-1.63%)の1937.70ドルで通常取引終了。時間外取引を含めた取引レンジは1936.90−1965.60ドル。アジア市場の序盤に1965.60ドルまで買われたが、安全逃避的な買いは次第に縮小。米国市場の序盤にかけて1950ドルを割り込んだ。その後、1952.10ドルまで戻したが、株高を意識した戻り売りが強まり、一時1936.90ドルまで一段安となった。通常取引終了後の時間外取引では主に1940ドルを挟んだ水準で推移。