13日午後の東京市場でドル・円は堅調地合いとなり、本日高値の151円79銭まで上昇後も高値圏を維持する。日本との金利差で円売りが強まっており、ユーロ・円は162円20銭付近に浮上。2008年以来15年ぶりの高値圏で、クロス円の強含みが顕著に。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は151円44銭から151円79銭、ユーロ・円は161円87銭から162円20銭、ユーロ・ドルは1.0681ドルから1.0691ドル。