欧州市場でドル・円は伸び悩み、151円85銭まで上昇後はやや値を下げた。米10年債利回りの失速や日本の為替介入への警戒感で、昨年の高値151円95銭が意識される。一方、ユーロ・ドルは底堅い値動きだが、1.07ドル付近では売りに押されている。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は151円72銭から151円85銭、ユーロ・円は162円22銭から162円36銭、ユーロ・ドルは1.0685ドルから1.0701ドル。