13日のニューヨーク外為市場でドル・円は151円91銭へ上昇後、151円21銭まで反落し、引けた。



先週末に発表されたミシガン大消費者信頼感指数の期待インフレ率の予想外の上昇を受け、追加利上げ観測が再燃、長期金利の上昇に連れたドル買いが優勢となった。また、日本の企業物価指数の伸びが鈍化したため日米金利差拡大観測に伴う円売りも加速。しかし、NY連銀の10月インフレ期待が低下したため金利も低下に転じドル売りが優勢となったほか、1年ぶりとなる円安・ドル高水準を受けた介入警戒感に円の買戻しも加速した。



ユーロ・ドルは1.0665ドルへ下落後、1.0706ドルへ上昇し、引けた。



ユーロ・円は161円55銭へ下落後、162円30銭まで上昇。



ポンド・ドルは1.2230ドルへ下落後、1.2278ドルまで上昇した。英中銀のマンMPC委が講演で環境問題やエネルギー移行がインフレ圧力となるリスクを指摘したためポンド買いが優勢となった。



ドル・スイスは0.9052フランまで上昇後、0.9007フランまで下落した。

【経済指標】

・米・10月財政収支:−666億ドル(予想:-650.00億ドル、22年10月:-878.74億ドル)

・米・10月NY連銀インフレ期待:1年3.57%(9月3.67%)、3年3%(9月3%)、5年:2.7%(9月2.8%)