■NY株式:NYダウは54ドル高、CPIの伸び鈍化期待が支える





米国株式市場はまちまち。ダウ平均は54.77ドル高の34,337.87ドル、ナスダックは30.37ポイント安の13,767.74で取引を終了した。



長期金利の上昇や格付け会社ムーディーズが財政赤字の高止まりなどを理由に国債格付け見通しを引き下げたことなどを嫌気し、寄り付き後、下落。その後発表された10月NY連銀のインフレ期待指数が9月から低下、また、10月消費者物価指数(CPI)の伸び鈍化を織り込み長期金利が低下に転じ、相場を押し上げた。ダウはプラス圏を回復もナスダックは下げを消せず小幅安と、まちまちで終了。セクター別では、自動車・自動車部品が上昇した一方で、公益事業が下落した。



航空機メーカーのボーイング(BA)はアラブ首長国連邦(UAE)のエミレーツ航空から大型受注を獲得したほか、首脳会談を控え中国が737マックスの受注解禁を検討しているとの報道で期待感が強まり、買われた。また、電気自動車メーカーのテスラ(TSLA)は欧州でガソリンスタンドやコンビニを運営するEGグループが同社の急速充電設備を購入するとの報道が好感され、上昇。



ソフトウエア・メーカーのオラクル(ORCL)やサイバーセキュリティ製品・サービス会社のクラウドストライク・ホールディングス(CRWD)はそれぞれアナリストの投資判断引上げで、上昇。一方、肉食品メーカーのタイソンフーズ(TSN)は、四半期決算で、純損失を計上、見通しも冴えず、売られた。



電気自動車メーカーのフィスカー(FSR)は取り引き終了後に四半期決算を発表。最高会計責任者の辞任や予想以上の損失拡大が嫌気され、時間外取引で売られている。



(Horiko Capital Management LLC)





■NY為替:日米金利差拡大観測で1年ぶり円安・ドル高も介入警戒感高まる



13日のニューヨーク外為市場でドル・円は151円91銭へ上昇後、151円21銭まで反落し、151円71銭で引けた。先週末に発表されたミシガン大消費者信頼感指数の期待インフレ率の予想外の上昇を受け、追加利上げ観測が再燃、長期金利の上昇に連れたドル買いが優勢となった。また、日本の企業物価指数の伸びが鈍化したため日米金利差拡大観測に伴う円売りも加速。しかし、NY連銀の10月インフレ期待が低下したため金利も低下に転じドル売りが優勢となったほか、1年ぶりとなる円安・ドル高水準を受けた介入警戒感に円の買戻しが加速。



ユーロ・ドルは1.0665ドルへ下落後、1.0706ドルへ上昇し、1.0699ドルで引けた。ユーロ・円は161円55銭へ下落後、162円33銭まで上昇。ポンド・ドルは1.2230ドルへ下落後、1.2280ドルまで上昇した。英中銀のマンMPC委が講演で環境問題やエネルギー移行がインフレ圧力となるリスクを指摘したためポンド買いが優勢となった。ドル・スイスは0.9052フランまで上昇後、0.9007フランまで下落した。





■NY原油:続伸で78.26ドル、供給不安の懸念が再浮上



NY原油先物12月限は続伸(NYMEX原油12月限終値:78.26 ↑1.09)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物12月限は、前営業日比+1.09ドルの78.26ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは76.21ドル-78.53ドル。ロンドン市場の序盤にかけて76.21ドルまで売られたが、来年にかけて供給不安の懸念が再浮上し、じり高となった。米国市場の後半にかけて株高を意識して78.53ドルまで買われた。通常取引終了後の時間外取引でも主に78ドル台で推移。





■主要米国企業の終値



銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)



バンクオブアメリカ(BAC)  27.70ドル   +0.02ドル(+0.07%)

モルガン・スタンレー(MS) 75.04ドル   -0.29ドル(-0.38%)

ゴールドマン・サックス(GS)326.91ドル  +1.40ドル(+0.43%)

インテル(INTC)        38.23ドル   -0.63ドル(-1.62%)

アップル(AAPL)        184.80ドル  -1.60ドル(-0.85%)

アルファベット(GOOG)    133.64ドル  -0.42ドル(-0.31%)

メタ(META)           329.19ドル  +0.42ドル(+0.12%)

キャタピラー(CAT)      241.67ドル  +1.99ドル(+0.83%)

アルコア(AA)         24.60ドル   -0.04ドル(-0.16%)

ウォルマート(WMT)      167.68ドル  +1.49ドル(+0.89%)