日経平均は137円高(14時45分現在)。日経平均寄与度では、東エレク<8035>、アドバンテスト<6857>、ファーストリテ<9983>などがプラス寄与上位となっており、一方、セコム<9735>、日産化<4021>、リクルートHD<6098>などがマイナス寄与上位となっている。セクターでは、鉱業、非鉄金属、石油石炭製品、銀行業、輸送用機器が値上がり率上位、サービス業、不動産業、医薬品、倉庫運輸関連、金属製品が値下がり率上位となっている。



日経平均は伸び悩んでいる。主要企業の23年4-9月期決算発表は今日で一巡する。今日はこの後、テルモ<4543>、SMC<6273>、T&DHD<8795>、三住トラスト<8309>、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>などが決算発表を予定している。米国では今晩、10月の米消費者物価指数(CPI)が発表され、市場の関心が高い。企業決算では、ホーム・デポが8-10月期決算を発表する。