<円債市場>

長期国債先物2023年12月限

寄付144円40銭 高値144円67銭 安値144円35銭 引け144円62銭

売買高総計23509枚



2年 454回  0.090%

5年 162回  0.398%

10年 372回  0.856%

20年 186回  1.564%



債券先物12月限は、144円40銭で取引を開始。米国の10月消費者物価指数の低下が予想されるなか、財務省の5年債入札の結果は強めとの見方になったことで買いが優勢になり、144円35銭から144円67銭まで上げた。現物債の取引では、全年限が買われた。



<米国債概況>

2年債は5.03%、10年債は4.62%、30年債は4.73%近辺で推移。

債券利回りはやや低下。(気配値)



<その他外債市況・10年債>

ドイツ国債は2.70%、英国債は4.31%、オーストラリア10年債は4.66%、NZ10年債は5.14%。(気配値)



[本日の主要政治・経済イベント]



<海外>

・19:00 独・11月ZEW景気期待指数(予想:5.0、10月:-1.1)

・19:00 ユーロ圏・7-9月期GDP改定値(前年比予想:+0.1%、速報値:+0.1%)

・19:30 ジェファーソン米FRB副議長オンライン基調講演(スイス中銀主催会議)

・22:30 米・10月消費者物価指数(前年比予想:+3.3%、9月:+3.7%)

・22:30 バーキン米リッチモンド連銀総裁講演(経済見通し)

・24:00 バー米FRB副議長(銀行監督担当)上院証言

・02:45 グールズビー米シカゴ連銀総裁講演(経済・金融政策)

・APEC閣僚会議(15日まで)



(海外のスケジュールで表示されている時間は日本時間)