15日午後の東京市場でドル・円は150円50銭台と、ほぼ変わらず。日経平均株価は前日比700円超高に上げ幅を拡大し、リスク選好の円売りに振れやすい。為替介入観測の後退もドルの押し上げ要因。ただ、米金利の戻りは鈍く、ドル買いは入りづらい。



ここまでの取引レンジは、ドル・円は150円30銭から150円79銭、ユーロ・円は163円54銭から163円90銭、ユーロ・ドルは1.0865ドルから1.0882ドル。