日経平均は747円高(13時50分現在)。日経平均寄与度では、ファーストリテ<9983>、東エレク<8035>、アドバンテスト<6857>などがプラス寄与上位となっており、一方、電通グループ<4324>、丸井G<8252>、ガイシ<5333>などがマイナス寄与上位となっている。セクターでは、石油石炭製品、精密機器、電気機器、ゴム製品、サービス業が値上がり率上位、保険業、銀行業、水産・農林業、建設業、鉱業が値下がり率上位となっている。



日経平均は高値圏で推移している。ダウ平均先物が時間外取引で底堅く推移していることに加え、午前に発表され屋10月の中国工業生産高、小売売上高がともに市場予想を上回り、上海や香港の株価が上昇していることなどが東京市場で安心感となっているようだ。