15日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。米経済指標が低調な内容なら連邦準備制度理事会(FRB)の引き締め休止の思惑から、ドル売り先行の見通し。ただ、日米金利差や為替介入観測の後退で円売りがドルを支えそうだ。



前日発表された米消費者物価指数(CPI)は総合、コア指数のいずれも予想外に鈍化し、年内利上げ観測は後退。米10年債利回りの急低下を受けドル売りに振れ、ユーロ・ドルは1.07ドル付近から1.0870ドル台に急伸し、ドル・円は151円70銭台から150円10銭台まで大幅に下げた。本日アジア市場で米金利の下げは一服し、ドル売りはいったん後退した。また、堅調な中国経済指標でリスク選好の円売りに振れた。



この後の海外市場は引き続き米国の経済指標と金利を材料視。今晩発表の生産者物価指数(PPI)のほか小売売上高やNY連銀製造業景気指数は低調とみられ、引き締め休止への思惑から米金利安・ドル安に振れやすい。ただ、日本の緩和政策や欧米株高を背景とした円売りが見込まれ、主要通貨は対円で下げづらい。ドル・円に関しては日本政府が150円台で為替介入を実施しなかった安心感もあり、下げづらい展開となりそうだ。



【今日の欧米市場の予定】

・19:00 ユーロ圏・9月鉱工業生産(前月比予想:-0.9%、8月:+0.6%)

・19:00 ユーロ圏・9月貿易収支(8月:+67億ユーロ)

・19:00 欧州委員会(EC)経済予測

・22:30 米・10月小売売上高(前月比予想:-0.3%、9月:+0.7%)

・22:30 米・10月生産者物価指数(前月比予想:+0.1%、9月:+0.5%)

・22:30 米・11月NY連銀製造業景気指数(予想:-3.0、10月:-4.6)

・23:30 バー米FRB副議長(銀行監督担当)下院証言

・24:00 米・9月企業在庫(前月比予想:+0.4%、8月:+0.4%)

・05:30 バーキン米リッチモンド連銀総裁講演(住宅関連)

・APEC首脳会議(17日まで)

・米中首脳会談