15日の東京市場でドル・円は伸び悩み。米10年債利回りの下げ渋りでドル買いが先行し、早朝の150円30銭から上昇基調に。また、日経平均株価の急伸で円売り優勢となり、朝方に一時150円79銭まで上昇。ただ、米引き締め休止の思惑でドル買いは縮小した。

・ユーロ・円は163円54銭から163円91銭まで上昇。

・ユーロ・ドルは1.0865ドルから1.0884ドルまで値を上げた。

・日経平均株価:始値33,112.31円、高値33,556.52円、安値33,096.93円、終値33,519.70円(前日比823.77円高)

・17時時点:ドル・円150円60-70銭、ユーロ・円163円80-90銭

【経済指標】

・日・7-9月期GDP1次速報:前期比年率-2.1%(予想:-0.4%、4-6月期:+4.5%←+4.8%)

・中・10月鉱工業生産:前年比+4.6%(予想:+4.5%、9月:+4.5%)

・中・10月小売売上高:前年比+7.6%(予想:+7.0%、9月:+5.5%)

・日・9月鉱工業生産改定値:前月比+0.5%(速報値:+0.2%)

・英・10月消費者物価指数:前年比+4.6%(予想:+4.7%、9月:+6.7%)

・英・10月生産者物価指数・産出:前年比-0.6%(予想:-1.0%、9月:-0.1%)

【要人発言】

・特になし