欧州市場でドル・円は151円10銭台と、安値圏でのもみ合い。米10年債利回りの戻りは鈍く、ドル買いは後退。一方、ポンドは対ドルで底堅く推移する。インフレ指標は伸びが鈍化したものの、国内経済の減速懸念は和らぎポンドは売りづらい展開に。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は151円14銭から151円43銭、ユーロ・円は163円90銭から164円30銭、ユーロ・ドルは1.0838ドルから1.0860ドル。