20日午後の東京市場でドル・円は一段安となり、148円70銭まで値を切り下げた。中国の政策金利据え置きや米中首脳会談の通過を受け、ドル安・人民元高に振れやすい。それによりドル売りが進み、ユーロ・ドルは1.0930ドル台に浮上している。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は148円70銭から149円98銭、ユーロ・円は162円52銭から163円55銭、ユーロ・ドルは1.0897ドルから1.0933ドル。