20日午後の東京市場でドル・円は一時148円70銭まで値を下げたが、売り一服で148円90銭付近に戻した。148円台は押し目買いが目立つ。一方、米10年債利回りは底堅く、ドルは売りづらい面もある。一方、ユーロ・円はドル・円に連れ安した。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は148円70銭から149円98銭、ユーロ・円は162円52銭から163円55銭、ユーロ・ドルは1.0897ドルから1.0933ドル。