22日午後の東京市場でドル・円は小動きとなり、148円付近に下落後は戻りが鈍い。147円台では押し目買いが入りやすく、下値の堅さが意識される。ただ、米連邦準備制度理事会(FRB)の引き締め後退の思惑から、積極的なドル買いは抑制されている。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は148円01銭から148円36銭、ユーロ・円は161円60銭から161円92銭、ユーロ・ドルは1.0909ドルから1.0922ドル。