22日午後の東京市場でドル・円は堅調地合いとなり、148円70銭付近に上値を伸ばしている。米10年債利回りの持ち直しでドル買いに振れ、主要通貨は対ドルで下押しされた。クロス円はドル・円に連れ高し、ユーロ・円は162円20銭台に浮上した。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は148円01銭から148円69銭、ユーロ・円は161円60銭から162円19銭、ユーロ・ドルは1.0905ドルから1.0922ドル。