NY外為市場では原油安に連れ商品通貨売りが優勢となった。ドル・カナダドルは1.2710カナダドルから1.3765カナダドルまで上昇し、17日来の高値を更新。豪ドル・ドルは0.6570ドルから0.6521ドルまで下落。NZドル・ドルは、0.6040ドルから0.5997ドルまで下落した。



石油輸出国機構(OPEC)プラスは今週末、25−26日に予定していた会合を30日に延期すると発表した。市場では追加減産を予想し、原油価格の上昇に繋がっていたが、この発表を受け、メンバー内で意見の食い違いがあるとの憶測が広がり原油価格は下落。NY原油先物は73.79ドルまで下落した。