23日午後の東京市場でドル・円は149円10銭台で推移。午前中は149円04銭まで下げたが、149円以下には顧客筋などからのドル買い注文が引き続き残されており、ドルは下げ止まっている。ただ、149円台後半で戻り売りの興味が残されており、ドルの上値は重くなっている。日中の取引では149円台を維持する可能性が高いが、149円を明確に下回った場合、一時的にドル売りが強まるとの見方も。ここまでの取引レンジはドル・円は149円04銭−149円59銭、ユーロ・ドル:1.0884ドル−1.0906ドル、ユーロ・円は162円44銭−162円86銭。