23日の東京市場でドル・円は弱含み。朝方に149円59銭まで買われたが、ポジション調整的なドル買い一巡後は戻り売りが強まり、一時148円89銭まで下落。149円台半ばから後半の水準で戻り売りの興味が残されてるようだ。ただ、調整的なドル売りは一巡しており、アジア市場の後半にかけてドル・円は149円台前半まで戻している。日中の取引レンジはドル・円は148円89銭−149円59銭、ユーロ・ドル:1.0884ドル−1.0918ドル、ユーロ・円は162円44銭−162円86銭。



・17時時点:ドル・円149円10-149円20銭、ユーロ・円162円75-162円85銭



【要人発言】

・関係筋

「オランダ総選挙でウィルダース党首率いる自由党(PVV)が第1党になる見通し」

・関係筋

「中国国家主席は11月22日にロシア下院議長と北京で面会」



【経済指標】

・特になし