ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。英国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定し、ユーロ・円は一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後137円50銭(2018/2/2)まで買われたあと、長期間伸び悩んだが、欧州銀行(ECB)による複数回の利上げ後に164円30銭(2023/11/16)まで上昇。米国金利の先高観はやや後退したが、欧州中央銀行(ECB)の主要政策金利は長期間据え置きとなる見込み。欧州経済の停滞に対する警戒感はやや低下したが、リスク選好的なユーロ買い・円売りがただちに強まる可能性は低いと予想される。



【ユーロ売り要因】

・ECBの主要政策金利は長期間据え置きとなる可能性

・中東情勢の悪化、ユーロ圏経済の減速懸念

・日本の円安是正介入に対する警戒感



【ユーロ買い要因】

・米利上げ終了の可能性高まる

・ドイツなどユーロ圏諸国のインフレ率は高止まりの可能性

・日欧金利差は一定の水準を維持する見込み