24日午前の東京市場でドル・円は下げ渋り、149円71銭から下落後も149円半ばの水準を維持した。米10年債利回りの上昇を受け、ドル買いに振れやすい。一方、日経平均株価は強含む半面、上海総合指数などアジアの主要指数は軟調で円売りは限定的。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は149円41銭から149円71銭、ユーロ・円は162円90銭から163円23銭、ユーロ・ドルは1.0895ドルから1.0910ドル。

【経済指標】

・日・10月全国消費者物価指数(生鮮食品除く):前年比+2.9%(予想:+3.0%、9月:+2.8%)